知っておくこと

外出する

弁護士の得意分野を確認することが重要です

弁護士に民事に関する紛争の解決を依頼する場合には、その分野を得意としている弁護士に依頼することが重要です。民事であっても、商取引における債権債務関係、交通事故における賠償責任など様々な分野がって、弁護士には得意とする分野があります。 不慣れな分野の仕事を依頼すると、時間も経費もかかってしまいますので、できるだけその分野に精通した弁護士を選択することが、費用の軽減に直結することになります。示談では解決できず、裁判になった場合には、勝訴するために調査する事項も多くなります。その調査に関しても不慣れな分野であれば必要以上に時間がかかってしまいますので、事案に関して実績の多い弁護士に依頼することが得策です。

成功報酬が費用の中心になります

多くの弁護士が初回の相談を無料にしています。気軽に相談できるようにしているのです。ただし、著名な弁護士は無料相談は実施していません。 費用は、着手金、実費、成功報酬に分かれていいます。着手金は一般的に数十万円から数百万円になります。実費は交通費などの実際に支出した費用です。 成功報酬は示談であっても裁判であっても、依頼人にとって有利な結果を引き出した場合に、その度合に応じて支払われる報酬になります。これが、弁護士にとってもインセンティブであり、依頼人のために全力を尽くす背景になっています。裁判で全面敗訴すれば成功報酬はありません。逆に全面勝訴すれば成功報酬は高額になります。著名な弁護士ほど成功報酬は高い傾向にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加